【STEAM教育絵本】読み返したくなる!『みかづきのよるに(ちいさなかがくのとも)』

STEAM絵本
 おもしろさ      3.0  
 読み聞かせ      3.0  
STEAM要素      3.0   
文字量
ニケ
ニケ

こんにちは、クワトラケのニケ@KuwathraceNikeです

年間1000冊以上読み聞かせをする2児のママであるライターが
本職であるエンジニアの知見を活かして
STEAM教育におすすめな絵本を紹介する企画
『親子で読みたいSTEAM絵本』

今回は3歳から5歳のお子様をもつ家族に大人気の
『ちいさなかがくのとも』シリーズの2022年6月号
みかづきのよるに』をご紹介します

STEAM教育とは・・・
 Science(科学)
 Technology(技術)
 Engineering(工学)
 Art(芸術・人文)
 Mathmatics(数学)

以上の科目の頭文字をとった造語で
科目の垣根を超えて学ぶ横断的な教育法です

STEAM教育をもっと深く知りたい方は以下の記事をお読みください↓

作者について

『みかづきのよるに』の作者はたてのひろしさんです

たてのひろし

舘野鴻。1968年、神奈川県生まれ。幼少期より画家・熊田千佳慕のアトリエに出入りする。札幌学院大学に進学し、昆虫採集をしながら演劇や舞踏、音楽活動を行なう。大学中退後、神奈川県秦野市への転居をきっかけに生物画の仕事を始める。絵本に『しでむし』『ぎふちょう』『つちはんみょう』『がろあむし』(以上、偕成社)などがある。「かがくのとも」に『こまゆばち』(文・澤口たまみ/2012年10月号)『なりすます むしたち』(文・澤口たまみ/2018年12月号)、「ちいさなかがくのとも」に『なつの はやしの いいにおい』(2014年8月号)『はっぱのうえに』(2019年4月号)がある。

ちいさなかがくのとも おりこみふろく
ニケ
ニケ

たくさん虫の絵本を出版されている作家さんです
緻密な絵が人気です

絵本のあらすじ

三日月が出る夜にお父さんと子どもが出かけていきます

カエルの大合唱をきいたり

神社の横をとおったり

親子が最後に見るものはなんでしょうか

ライターのひとりごと

 おもしろさ      3.0  
 読み聞かせ      3.0  
STEAM要素      3.0   
文字量
ニケ
ニケ

ここからはママ・エンジニアとして正直にレビューします

おもしろさ」についてですが
終始まっくらな絵本で見えるのは
家の明かりだけだったり、三日月だけだったり

とにかく暗くて絵本なのに絵が伝わってきません

4歳の息子はおばけが大好きなので

息子ケケ4歳
息子ケケ4歳

怖いねー。おばけの絵本だー

と喜んでいましたが。
おばけの絵本ではないはずです。
感じ方は個人の自由だと思いますが、、

深く何度も読みこんでいくと
自然の明かりは人工の明かりとは違いこんなにもはかないんだなと思い返されます

親子の会話はグレーの色で書かれているのですが
これはひそひそ話しているんです

はじめ読んだ感想とは異なり
だんだんいろいろな思いが募ってきます

読み聞かせ」はお父さんと子どもになりきって
薄い文字の色に合わせて声も小さく
読んであげるとお子さんたちも喜ぶと思います

文字が薄い反面、
見にくく読むのが難しいので注意が必要です

※ここからネタバレあります

STEAM要素」は多少あります

頭文字Sのサイエンス・自然科学についての絵本です

おりこみふろくや他の本を読んで前提知識がないと
理解が難しいですが

『みかづきのよるに』はホタルが見られる条件を詳細に書いた絵本です

ホタルは満月では明るすぎるので見にくいです
だから「みかづきのよる」

ホタルはカエルが鳴くと光るようになります
だから「かえるのだいがっしょう」

ホタルは川辺にいるので
だから「かわのおとってこんなにおおきかったけ」
川に近づいているということですね

これらのホタルの条件を理解できて初めて楽しく読める絵本になっています

絵本だけで学びを終えないことが大事です

文章量」は少な目で親子の会話だけです
落語家のように二役演じながら読んでください

ホタルについて知ればもっと楽しく読めます
こちらのホタルの記事も併せて読んでください↓

レビューまとめ

『みかづきのよるに』はホタルについて詳しくなれば
どんどん面白くなってくる不思議な絵本です

親子で自然科学を学んでみましょう!

『ちいさなかがくのとも』は書店やamazonで1冊ごと購入するか
福音館書店公式HPで定期購読で申し込むことができますので
是非読んでみてください
※2022年6月追記 こちらバックナンバーになりますので既に購入できない可能性があります
図書館で借りて読むことをおすすめいたします

こちらのブログではSTEAM教育におすすめな絵本や児童書を紹介していますので
他の記事も是非ご覧ください


コメント

タイトルとURLをコピーしました